5月 222009
 


以前書くと言っていて今になってしまいました。

■日本経済復活の会HPより

http://www.tek.co.jp/p/

現在色々なところで危機感を煽るのに使われている「国の借金時計」は、負債にしか注目してません。
考えてみれば当たり前のことですが、財務健全性をはかるB/Sは、資産も同時に見なければならない訳で、それを組み込んだのが「国の借金時計改良版」です。(一般家庭だって借金が1千万あっても貯金が1千万あれば大丈夫と考えるのが普通ですが、今の「国の借金時計」は借金にしか注目してない点がバランスを欠いているということです。)前者は、庶民から金を巻き上げる立場の人が、都合良く使われている可能性だってあります。(ひょっとしたら意図的に?)
借金が増えて大変だ!と騒ぐ前に、冷静に考えた方がいいという意味で書きました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)