3月 302009
 
先週の木曜日、しばらく連絡を断っていた人から「気候がよくなってきたので出かけてきませんか?」というメールが届きました。
実は何週間も前から、別の用事で出かける予定をしていたので「日曜日なら少し時間がありますよ。」と返事をしました。
具体的なことは何も決めないまま、少しメールのやり取りをして、土曜日を迎えました。
土曜日の夜、特に連絡なし、日曜日も10時過ぎまでは特に連絡がなかったため、私の中では、今回はなしと勝手に決めてました。
少し出掛けて、少し写真を撮ろうかと思ってました。

11時近くなった頃「12時には家を出られます。」というメールが届きました。

「じゃあ、いつもの場所で。12時半に。でも何も決めてないから。」そう返事を返しました。

黄砂や花粉、雪でどろどろになったクルマをピカピカにしてもらい、いつもの場所に向かいました。
少し早く着いたその人は、地域の情報誌を読んでました。後ろから近づいても気付かずレストランを探してました。

割とすらーっとして、大きく見えていた、その人が、何だか小さく見えました。

「見付かった?」私が後ろから声をかけると驚いたように後ろを振り返り、 「載っている情報の範囲が広すぎて近くで見つからないのー」と答えました。

「少し離れたところでもいいよ」というと、北に20キロほど離れた場所にあるイタリアンのお店がいいと言いました。

クルマに乗り、積もる話をしながら、そのお店に行くと準備中の看板が。
しかたがないので、さらに北に向かいました。

Img_5693
道路は乾燥しているものの、山には雪、雪景色が広がります。周りは、国内でも有名なスキー場がいくつもあるところですから当然の景色です。
そんな景色に少し感動しながら、大きな湖が一望できる路肩にクルマを停めました。

「写真撮っていいかな?」  そういって私はクルマを降りました。

景色を楽しみ、空気を吸い、写真を撮って、再びクルマに乗り、さらに北に向かいました。
お昼の時間はとっくに過ぎ、ランチタイムが終わってしまっていたせいか、お店はどこも開いていません。
スキー場のリフト近くまでクルマを進めて引き返してくると1軒のレストランが開いてました。

「もしかしたら、ハズレかも知れないけど、ここに入ってみようか? 」そういってそのレストランに入りました。
レストランに入ると意外とよさそうなところで、メニューも割と揃ってました。それぞれ別のオムライスを頼み、食事の後はケーキも食べて、店を後にしました。
気が付いてみると、北に60キロ、戻ったときには夕方、食事のつもりが思わぬドライブデートになってました。

すっかり忘れていた色んなモノを思い出したような気がします。

そんな日曜日の午後でした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)